MENU

15th ANNIVERSARY

BJ CLASSIC COLLECTION 15th ANNIVERSARY

今年、BJ CLASSIC COLLECTION は15周年を迎えるに至りました。
これはひとえに皆様のお力添えのおかげだと感謝致しております。

これを記念して、BJ CLASSIC COLLECTIONの原点となったブランドAmerican Opticalの完全復刻品「Revival Edition」を発表致します。

私の15年かけて辿り着いた職人技の集大成を店頭にてご覧頂けたら幸いです。

ブロスジャパン株式会社 代表取締役 浜田 謙

BJ CLASSIC COLLECTION
15th ANNIVERSARY

Revival Edition

モノが職人の
「作品」だった時代へ

BJ CLASSIC COLLECTION 15周年を記念し、浜田謙が、作品そのものが思想と哲学の塊であると憧憬してやまない、American Optical社の「SIRMONT」「SAMPSON」「JAZZ」3作品を完全復刻しました。

偉大な先駆者のあとを、ともに研鑽を重ねてきた職人と懸命に追い、モノづくりの本質が宿った作品に漸く近づくことができました。ぜひ、この特別な佇まいを感じてください。

SIRMONT

眉型のブローラインの総称として知られる「SIRMONT」は、1950年代に誕生。眉の薄いMONT(モント)将校(サー)が、威厳を感じさせるように作って欲しいとAO社に依頼したのが始まりである。その「SIRMONT」はアメリカ軍の間で広まり、そして、瞬く間に世界中に広まった。また、黒人開放指導者のマルコムXがかけていたことでも有名である。日本では1960年代に一世を風靡し、その後も長く愛され続けてきた。
現在、その「SIRMONT」の名称を使用できるのは、その商標権を有するBJ CLASSIC COLLECTION だけである。

SAMPSON

AO社のボストンシェイプの看板ともいえるこのモデルは1940年代に開発された。一見、ワンブリッジに見えるデザインだが、その裏側から強度補強するためにさらにブリッジが取り付けられている。華奢な見た目に反して強固なフレームである。0.01ミリ以下の彫金など、その技術は大変な職人技を要するもので、構想から15年、ようやく復刻版を完成することができた。また、その名の由来はアメリカの英雄であるサンプソン海軍将校による。かつて活躍した駆逐艦・サンプソンも彼の名から取られており、まさにその耐久性と力強さを表している。

JAZZ

1950年代から発売されたこのモデルは、ビル・エヴァンスを初めとしてとして多くのジャズメン達に愛された。その名も「JAZZ」。1955年に消費者管理不足による事故でセルロイドの使用が禁止されるが、それ以前に生産されたモデルが製品として最も充実した時代でもあった。今回、その黄金期のセルロイドモデルをそのまま表現することに成功した。浜田謙が、この仕事を始める原点となった作品の1つでもある。

BJ CLASSIC COLLECTION
15th ANNIVERSARY

Exhibition

DATE
2019.03.12 (火) 13:00~18:00
DATE
2019.03.13 (水) 10:00~18:00
VENUE
ラッセンブリ広尾
〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-3
ACCESS
東京メトロ日比谷線
広尾駅3番口より 徒歩4分
※駐車場のご用意はございません
  • 「15周年モデル展示商談会」は完全事前予約制となっております。
  • 会場での駐車場のご用意はございません。公共交通機関のご利用にご協力ください。
  • 展示商談会に関するお問い合わせは info@bros-japan.co.jp または、0778-52-7075までお問い合わせください。

メールでご予約・お問い合わせ

info@bros-japan.co.jp

BJ CLASSIC COLLECTION
15th ANNIVERSARY

Reception Party

レセプションパーティーでは、サックス奏者・横田寛之さん率いるバンドのジャズライブや、TVやCM等で活躍し舞台演出なども手掛けるマジシャン Kokoroさんによるマジックショーをご用意。
ご来場くださるすべての方々に楽しんで頂ければと思っております。素敵な夜のひとときをお過ごしください。

DATE
2019.03.12 (火) 18:00~22:00
VENUE
ラッセンブリ広尾
〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-3
ACCESS
東京メトロ日比谷線
広尾駅3番口より 徒歩4分
※駐車場のご用意はございません

LIVE

  • Hiroyuki Yokota

    サックス奏者。トラックメイカー。DJ。自己のジャズカルテット、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。また、ジャズエレクトロバンド…

  • Sari

    横浜生まれ。ジャズサックス奏者の中村誠一を父に持ったが、ジャズには目もくれず、5歳よりダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に…

  • Hirofumi Asaba

    1986年7月28日生まれ。埼玉県川越市出身。 5才の時にピアノを習い始め、14才のときにギターを始める。20才のころから世界各地を旅し…

MAGIC

  • Kokoro

    22才の頃よりダンサーとしてショーシアターレストランやディナーショー、TV、CM等で活躍し、舞台演出なども手掛ける。あらゆる分野のエンタ…

  • 「15周年レセプションパーティー」は完全事前予約制となっております。一般の方のご入場はお断りしております。
  • 会場での駐車場のご用意はございません。公共交通機関のご利用にご協力ください。
  • パーティーでは軽食とドリンクをご用意しております。
  • パーティーにはスチールの撮影が入ります。ご了承ください。
  • ご祝儀や祝い花などのお心遣いはなされませんよう何卒よろしくお願い致します。
  • レセプションパーティーに関するお問い合わせは info@bros-japan.co.jp または、0778-52-7075までお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

info@bros-japan.co.jp

横田 寛之

Hiroyuki Yokota

サックス奏者。トラックメイカー。DJ。
自己のジャズカルテット、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。
また、ジャズエレクトロバンド、ETHNIC MINORITYのメンバー。
Yocotasax.(横田サックス。)名義でサックス、コントラバスクラリネットを使ったハウス・テクノトラックを制作している。
これまでに4枚のアルバムをリリース(表参道ワンピース、Introducing ETHNIC MINORITY、Startin’、イレブン・ストーリーズ、Beatin’ )。
その他、サポートとしてのレコーディング、LIVEなど多数(水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、7!!、私立恵比寿中学、etc)。
また、TEDx Tokyo Teachersではスピーカーとして登壇した。

月刊誌「Jazz Life」にて、サックス講座『横田寛之のコペルニクス的ジャズ・サックス』を隔月で連載中(2019年1月号~)。

紗理

Sari

横浜生まれ。ジャズサックス奏者の※中村誠一を父に持ったが、ジャズには目もくれず、5歳より ダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。 ミュージカル女優を目指していた高校二年次、エラフィッツジェラルドの歌を聴き、稲妻が走った かのような衝撃と感銘を受ける。以来、エラのような温かでスインギーな歌声を届けたいと修行の 日々は続く。

洗足学園音楽大学ジャズヴォーカル科首席卒業。ボストンBerklee College of musicにて2年間留学。 帰国後、”アジアンドリームスジャズヴォーカルコンペティション2013”で優勝。2013年 1stAlbum『TheSweetest Sounds』、 2017年2ndAlbum『AND I'LL SING ONCE MORE』をリリース。 同年9月より、ラジオ日本の番組「オトナのJazzTime」のパーソナリティーとして抜擢。また、 テレビCM「プロポーズされたらゼクシィ」のナレーションでもおなじみ。

好きなもの:たまご 犬 工作 昼寝

TVCM サウンドロゴ歌唱
  • ブリジストン 『タイヤ館』 2007~2008
  • KOSE Taiwan 『雪肌精』2014
  • NHK『みつかるEテレ』2017
  • トヨタ『サポトヨ』2017
TVCM 曲歌唱
  • AJINOMOTO『味の素ギフト』2008
  • アサヒ飲料 『三ツ矢サイダー』 2008
  • UHA味覚糖『emaのど飴』2008
  • リクルート『タウンワーク』2012
  • セブンイレブン・ジャパン『ななチキ』2017
  • 日本和装『2018秋 自分で』 2018
  • 花王ニュービーズ『お洗たくにボタニカルの香りを』2018
  • TOYOTAミニバン『バンバン使えるエブリバディ・ミニバン』2018
TVCMナレーション
  • リクルート『ゼクシィ』2017〜
レコーディング
  • ディズニーオンアイス2011(日本語吹き替えの歌)
  • 『アラジン』Whole new world ジャスミンのパート
  • 『美女と野獣』Beauty and the Beast ベルのパート
  • ディズニーライブ!2012 .2017. 2018(日本語吹き替えの歌)メドレー曲 コーラス参加
  • TVアニメ「血界戦線&BEYOND」2017 劇中歌

浅葉 裕文

Hirofumi Asaba

1986年7月28日生まれ。埼玉県川越市出身。 5才の時にピアノを習い始め、14才のときにギターを始める。20才のころから世界各地を旅して周り、各地のミュージシャンとセッションを重ねる。

2017年横濱ジャズプロムナードコンペティション、グランプリ受賞。
アメリカのデトロイトジャズフェスティバル2018に出演。
2015年3月に名ギタリスト岡安芳明プロデュースでWhat's New Recordsよりデビュー・アルバムEASY LIKEをリリース、2018年9月には2ndアルバムSTOMPIN' AT THE FAIRをリリース。
バーニー・ケッセル、チャーリー・クリスチャンをリスペクトし、ご機嫌にスウィングするギターを弾く。
世界的にも注目を集める今最も勢いのある若手ジャズギタリスト。

全国のジャズフェスティバル、NHK横浜、JAPAN JAZZ GUITAR SUMMIT出演。
雑誌JAZZ JAPAN、JAZZ LIFE、アメリカのJust Jazz Guitar Magazineで特集され、オーストラリアのジャズ紙JGSWAの表紙を飾る。

Kokoro

22才の頃よりダンサーとしてショーシアターレストランやディナーショー、TV、CM等で活躍し、舞台演出なども手掛ける。
あらゆる分野のエンターテイメントを学び自分のショーに活かしているうちにマジックに出会い、マジックを取り入れたショーを大成功に収める。
24才の頃より本格的にマジックの勉強のため日本全国を武者修行の旅に出る。
27才の時にマジックバーCalvadosをプロデュースし、30才でマジックバーCUOREをオープンさせる。
31才でアメリカのマジックキャッスルのマジシャンズメンバーになる。