BJ CLASSIC COLLECTIONのマスターピースモデル

P-501ができる全工程

2000年代初頭に産声をあげたBJ CLASSIC COLLECTION。
その中でも代表的モデルとなったP-501は約4ヶ月間の制作期間を経て、アイウェアとしての魂を宿す。
1枚のセルロイドから、BJが生まれる全行程を追う。

【セルロイド生地の裁断】

一枚の板から
すべてが始まる。

Everything starts from one plate

BJはセルロイドフレームにこだわり抜く。
その形状保有力、艶めき、フィット感は、
現在主流のアセテート生地とは
比較にならない上質感を有している。
その反面、170度で発火する危険性もあるため、
機械化はもちろんできず熟練の職人のみにしか
取り扱うことができない。
またBJでは同じモデルであっても
カラーなどの諸条件によってその厚みを変える。
職人が目と手の感覚で厚みを決めていく。

【セルロイド生地のアール付け】

職人の感覚が形を決める。

The sense of craftsmen decides the shape

切り出したセルロイド生地に、緩やかな湾曲をつける。
高い温度に熱せられた特別なオイルの中に生地を入れ加圧し、
即座に冷却する。
すべての作業のタイミングには、
職人の長年培われた感覚がものを言う。

【玉型 型抜き】

両レンズ穴を
手作業で抜く。

Pull out both lens holes manually

発火の危険性があるため、
こちらの工程も完全機械化ができない。
職人の手作業が続く。
アールがつけられたセルロイド生地を、
1枚1枚丁寧に玉型を抜いていく。
その後、レンズ用のV溝を掘る。

【外枠の型抜き】

P-501の原型が現れる。

Show up original form of P-501

続いて外形を削り出していく。
1枚の板だったセルロイド生地からP-501のフォルムが現れてくる。

【ノーズパッド付け】

心地よさは、
モデルによって違う。

Comfortableness depends on models

BJにおいて、
ノーズパッドの位置が全て同じということはありえない。
モデルによって、付け心地のベストポジションが違うからだ。
大きめに削られたノーズパッドの原型をまず貼り付け、
数日休ませる。
完全に密着した後、
それぞれのモデルの形状に合わせて
職人の手作業での削りが行われる。
このノーズパッドに関わる一連の作業が
BJのファーストインプレッションの心地よさの
決め手となる。

【荒削り】

職人が魂を吹き込む。

Craftsmen inspires the soul

BJのセルロイドフレーム作りのハイライト。
刃によって削り出されたフロント枠を
職人が一本一本ヤスリ掛けをする。
緩やかなカーブ、切れのあるエッジなど、
機械では表現不可能なニュアンスを
職人の経験と勘と情熱を持ってつくり出す。
BJの造形と風合いが産声をあげる瞬間である。
フロント枠と同様に、テンプルも手作業で荒削りをする。
現在ではテンプルも荒削りをするブランドは
BJ以外ほぼゼロに近いと言っても過言ではないだろう。
この見えない一手間が滑らかな耳あたり、
肌触りを叶えてくれている。

【荒ガラ入れ】

1度目のガラ入れ。

The first inserting in the Gara

ガラと呼ばれる回転ドラムに研磨剤や研磨用チップを入れ、
削り出したフロント枠とテンプルを別々に投入する。
ガラの配合は秘伝であり門外不出。
季節の温度や湿度によって配合を変える。

【泥バフ磨き】

良質な泥(研磨剤)で
磨く。

Polish by good quality mud "abrasive"

荒ガラで回されたパーツを丁寧に磨いていく。
粉末の研磨剤を水で溶き、捏ねる。
そして出来上がった粒子の細かい良質な泥で磨くことにより
セルロイドの内側で眠っている光沢を、
さらに引き出していく。

【中間ガラ・艶ガラ入れ】

2度目・3度目のガラ入れ。

The second and third inserting in the Gara

泥バフで磨かれたパーツを、
配合を変えた中間ガラ、そして艶ガラに入れる。
これでガラ入れは計3度。
通常ガラ入れは4〜5日で終わるが、
BJでは1週間以上ドラムを回す。
厳密にいえば、フロントで1週間、
テンプルで1週間の計2週間の時間をかける。

【丁番カシメ】

星はただの
デザインではない。

The star is not a mere design

枠丁番とテンプル丁番を合わせるために、
テンプルにはカシメピンを埋め込む。
テンプル内の芯金とともに、
丁番とピンを合わせていく。
カシメピンの星はデザイン性だけではなく、
星の突起を生地に噛ませることにより、
がっちりと丁番を固定させる意味がある。

【丁番埋め込み】

ここでも職人の
経験と勘が生きる。

Made use of Craftsmen’s experience and intuition

電流を通して熱した埋め込み機で、フレームに丁番を埋め込んでいく。
このときも170度という温度がポイントになる。
タイミングを注意深く見て、作業を進めていく。

【泥磨き】

さらに、さらに、
磨き抜く。

Furthermore, Polish repeatedly

フロントとテンプルの合口調整のために、泥磨きをする。

【艶磨き】

美しい艶を出すための
最終段階。

The final stage for making beautiful burnish

泥磨きを終えたフレームを、
フロントとテンプルとにバラシて、
パーツごとに艶バフにかけ磨きあげる。
その後、再度フレームを組み上げ磨きあげる。
BJがBJたる所以は、
この妥協なき磨きの作業にあるかもしれない。
セルロイドの素材が更に光り輝き、
美しい光が現れてくる。

【フロント飾り鋲つけ】

シンボルが埋め込まれる。

Implanted the symbol

BJのシンボル、白頭鷲の翼が埋め込まれ、
磨き抜かれたセルロイドフレームに「ブランド」が宿る。

【打刻】

名前が刻まれる。

Incised a name

これまでの全行程を踏まなければ、その名を刻むことは出来ない。
BJとして誇れる仕上がりのものにのみ打刻が施される。

【検品】

待ち受ける最終審査。

Wait for the final examination

打刻後も審査は続く。
全体のバランスや細かなディテールを、
制作した職人本人が厳しい目でチェックする。
BJはプロダクトと同時に「完璧さ」まで届ける使命がある。
100年後にも残るであろう存在感はこのようにして生まれる。

facebooktwitterinstagram